CLIFFORD G5ラインナップ|盗難防止、車上荒らし対策!カーセキュリティ専門店

大阪・関西一円のカーセキュリティ・シィンクプロデュースの強みをご説明します。




CLIFFORD G5シリーズ ラインナップ

High Quality Pro-Security System

クリフォード G5シリーズ ラインナップ

その優れた性能と、独特なサイレンの音色やインテリジェントなデザインがユーザーから圧倒的な支持を受けている次世代のカーセキュリティシステムCLIFFORD。
エンジニアとインストーラーの研究によって日々進化を遂げるCLIFFORDは他の追随を許さない究極のカーセキュリティシステムとして車輛盗難や車上荒らしからあなたの愛車を守ります。
AvantGuard5.1J InteliGuard870J InteliGuard770J Concept570J Concept470J VAS

AvantGuard 5.1J ・ IntelliGuard 870J ・ IntelliGuard 770J・Concept 570J、Concept 470JのセキュリティCLIFFORDは最高のカーセキュリティと昔から評価されています。
理由としまして、CLIFFORDのイモビライザーは2ポイント入っていることから、車輛の移動型盗難が大変難しいという特徴や、高級感溢れるリモコン、特徴的な高級車特有のカーセキュリティのサイレン音、またはオムニセンサ(お車の振動をとらえるセンサ)は、車輛の振動に対し、前後・左右方向を確実に2軸で読み取る事が出来るのが最大の特徴。
リモコンとセキュリティ本体の送受信機能は、車輛純正セキュリティとは比べ物にならない桁数の多いIDコードをアンチコードグラビングシステムにより2の66乗(7378京6976兆2948億3820万)通りのコードを毎回変化させ、IDのスキャニング(読み取り)解除が容易に出来ない等、数多く防犯効果を高めることが出来る、ハイクオリティを具現化したカーセキュリティとなっています。
CLIFFORDのカーセキュリティシステムはオフィシャルディーラーでのみ装着が可能です。
これは正しい車輛電装の知識が必要であること、装着方法の問題でトラブルが起きてはクリフォードの高いクオリティも意味をなしません。
また、正規ディーラーの製品につきましてはシリアルナンバー入りの保証書が添付されていますのでご確認ください。

ここ最近のお車は多重通信システム、CANなど「データフレーム」「リモートフレーム」「エラーフレーム」「オーバーロードフレーム」により車載コンピューターの通信をネットワークにて機器などを制御するシステムが中心となり大変複雑になってきました。
このことにより、電装技術を熟知しないと予期せぬトラブルを巻き起こす可能性も十分に考えられます。
シィンクプロデュースは国家資格である、自動車電装技能講習・自動車整備技能講習を習得したスタッフの在籍。
そして、現在に至るまでに培った電装特殊技術の集大成があるからこそ出来る、誤報が無く、かつ防犯効果も高く、最高峰のセキュリティインストールにて、お客様の安心をお約束いたします。

シィンクの強み電装トラブル

リモコン操作ボタン名称

アーム/ディスアームボタン
このボタンを1秒間押すと、システムがアーム(警戒モード)に移行し、再度ボタンを1秒間押すと、ディスアーム(非警戒モード)に移行します。
またマルチ警戒モードも備えており、タワーパーキング等の誤作動の多い移動式駐車場にもショックセンサなどを無効にして誤作動を防止します。
AUXボタン
様々なオプション機能(トランクオープンや、パワースライドドア)をコントロールするためのボタンです。
リモートスタートボタン
AvantGuard5.1Jに標準装備されたリモートエンジンスターター(ほかのモデルはオプション)をコントロールするためのボタンです。
サイレントアーム/サイレントディスアームボタン
このボタンを1秒間押すと、システムが消音モードでアーム(警戒モード)に移行し、再度ボタンを1秒間押すと消音モードでディスアーム(非警戒モード)に移行します。
シフトボタン
他のボタンと組み合わせて押す事により、様々な機能やオプション機器のコントロールを可能とします。

 

NEWクリフォードという選択

JAAMA自主基準登録証明書CLIFFORDカーセキュリティシステム(盗難発生警報装置)は、日本を含め世界の多くの国々が認めている「E11 Regulation:116(EマークR116)」を、ECE参加国である英国運輸省の公的執行機関:VCA(車両型式認可機関)から取得しています。

 

右記証明書はIntelliGuard 870J及びAvantGuard 5.1J証明書の一部です。MATRIXシリーズを含め、他のモデルに関しても全て「E11 Regulation:116」を取得しています。
「EマークR116」は「国連の相互承認協定」に基づいて、国土交通省の装置型式指定規則で認定されたVAS(盗難発生警報装置)であり、国土交通省の新保安基準(VAS基準)にも適合しています。もちろん、全国自動車用品工業会が定めるJAAMA自動車盗難警報発生装置自主基準にも適合しており、全てのオフィシャルディーラー取扱いのCLIFFORD製品モデルにJAAMA自主基準登録証明書が必ず同梱されています。

VASとは (車検対応モデル カーセキュリティ)

VASとは VEHICLE ALARM SYSTEM (盗難発生警報装置)の事で、
国土交通省が発表したカーセキュリティーのための保安基準の事をVAS基準といいます。

VAS基準VAS基準に適合したカーセキュリティーでないと、今後車検に通らない場合もございますので、皆様には是非知っていただきたい保安基準です。
なぜそのような、基準ができたか。
自動車盗難、車上荒らしは年々増えつづけており、減少の傾向を見せる事を知りません。その為、車輌に影響のない、優秀な機器を安心してお客様に使用していただくために、国が設けた基準となります。


■カーセキュリティーの環境基準
製品が以下の基準をクリアした製品である必要があります。
・車外: -40℃~+125℃
・車内: -40℃~+85℃
・防塵防水性能: IP40
・サイレン音の大きさ: 100dB以上
・サイレン発報時間: 車輛に異常が発生した場合、サイレンを25秒以上~30秒以下鳴らすなど

カーセキュリティ・カーオーディオに関するお問合わせやご相談

スマートフォンで今すぐ電話する

カーオーディオやその他サイトはこちら

ブログを読む

求人募集

JCB・AMEX・VISA・DC・UC・UFJ・ダイナースクラブ・マスター

株式会社セディナ(セントラルファイナンス)ショッピングローンがご利用いただけます。
株式会社オリエントコーポレーションカードローンがご利用いただけます。
株式会社アプラスパーソナルローンがご利用いただけます。

軽自動車のかーせキュリー受付も大歓迎

コンパクトカーのカーセキュリティ受付も大歓迎


ページのトップへ

最先端のカーテクノロジー 有限会社シィンクプロデュース
〒572-0077 大阪府寝屋川市点野2丁目17-2 TEL:072-830-6112 FAX:072-830-6113

copyright(c) 2005 Think Produce All rights Reserved.