カーセキュリティ取り付け|盗難防止、車上荒らし対策!カーセキュリティ専門店

大阪・関西一円のカーセキュリティ・シィンクプロデュースの強みをご説明します。




カーセキュリティ取り付け

Installing Car Security
カーセキュリティ取り付け
ここではカーセキュリティのインストールのみの、作業手順をご紹介させていただきます。
一部詳細、写真など防犯上ご紹介出来ない内容も御座いますので、御了承下さい。
またお問い合わせ方法や、カーセキュリティの依頼方法が解らない方は 「ご来店の流れ(カーセキュリティ)」を御覧ください。
打ち合わせ

打ち合わせお客様と打ち合わせさせていただきました、ヒヤリングシートと作業内容を元に、
担当者・管理責任者と作業前の打ち合わせをいたします。

  • 作業内容
  • 本体・オプションの有無
  • 取り付け位置
  • お客様が指定された設定の内容
  • 車輛に関しての重要注意事項(駐車状況・使用頻度など)
  • その他防犯上の注意点、車種別注意事項などの打ち合わせ

打ち合わせを綿密にすることにより、作業の的確性・万全なインストール性が
向上いたいします。

作業前のチェック

作業前のチェック作業前にお預かりした大事なお車の状態のチェックをいたします。
納車時に、確実な現状復帰をするための大事な項目の1つです。

  • 現在取り付け済みのアクセサリや純正オプションなどの有無や作動点検などをおこない、納車前に最終点検をおこないます。
  • 気になる箇所などがありましたら、すぐにお客様にお電話させていただきますので、ご安心してください。
作業前の養生作業

大事なお車をお預かりさせていただいておりますので、入念に養生しお車に傷などが付かないよう保護します。
シィンクプロデュースでは養生テープにもこだわりがあり、厳選した養生などを使用し作業を実施いたしますので安心です。
*養生テープによっては、ボディーの塗装に養生テープの粘着剤が浸透し、塗装を傷めてしまう物もあり危険です。

作業前の養生作業作業前の養生作業作業前の養生作業

バッテリー充電

バッテリー充電シィンクプロデュースでは、作業中バッテリーの充電も怠りません。
近年の車輛はルームランプをOFFにしていても、車輛コンピューターに消費電力が発生していますので、そのままで作業を進めると、バッテリーに負荷がかかりバッテリーの寿命が短くなってしまうからです。
また充電方法は、低電圧充電方式にて充電するため、バッテリーを傷めず安全です。
ですが充電の方法を誤ると大変危険な状態になってしまいます。
たとえば密閉式バッテリーであれば特に、急速充電などすると大変危険です、液漏れをおこしたりバッテリー液が沸騰すると、内部の鉛が酸化腐食をおこし、後にバッテリーあがりを誘発してしまいます。
最悪な状況であれば希硫酸ガスによる爆発や、過充電のため逆流により車輛コンピュータのパンクの事例もありますので、充電だけでも電装知識が必要なのです。
*シィンクプロデュースでは、低電圧充電方式の調整が出来る充電器を8台完備しております。
*電気通電を必要としない作業であれば、バッテリーターミナルを取り外し安全対策にて作業を進めます。

作業の用意

作業の用意作業のクオリティを維持するため道具箱/ビス入れ/ゴミ箱/ハンダゴテなども決められた場所に配置し作業に取り組みます。
足元にはマットを敷き、作業のズボンを汚さないよう配慮します。
お客様の大事なお車を汚さないよう作業服の汚れなども見逃すことなく徹底した管理のもと、お客様に満足していただけるよう作業に取り組みます。

パネルや機器の取り外し

カーセキュリティは取り付けが肝心と言われるように、的確な取り付けをするにあたり、パネル・カーナビ・補助部品などを取り外さなければ完璧な配線ワイヤリング(配線の引き回し)や結線/ハンダ/ステルス配線(配線の隠しこみ)などが、完全には出来ません。パネルに傷付けることのないように慎重に2人1組にて作業を行います。
量販店様(取り付け工賃が休めで作業をされているショップ様)などでは、出来る限

りの人件費を抑えるために、パネルなどの取り外す場所なども少なくし、単価を下げなければならずやはり価格に見合ったクオリティになってしまうケースが多くセキュリティとしては不安が残りそうです。
ですがシィンクプロデュースの本分は、お客様のお車の防犯ですのでしっかりとした取り付けにて、安心・確実をお約束いたします。

パネルや機器の取り外しパネルや機器の取り外しパネルや機器の取り外し

ビスなども確実に保管・管理いたします。

ビスなども確実に保管・管理いたします取り外したビス類なども、場所や用途によりビス箱を小分けし、振分けすることにより間違った箇所にビスを入れてしまうなどのヒューマンエラー「スリップやミステイク」をなくします。
*中古車ご購入後のカーセキュリティの取り付け依頼の作業時に多いクリップの破損している物などは、サービスにて入れ替え作業も行います。
各部ビスなどの抜けている箇所に関しても同様サービスにてビスのはめ込みも行います。

車輛の配線点検・確認

カーセキュリティは取付が命。
その理由を一番理解している私たちだからこそ、妥協のない確実なシステムにこだわります。
各種機材にて徹底した配線調査の元、根拠のある配線処理・ルート・配置を決定しインストールします。同車種・同年式のお車でも癖があります。
だからこそインストールをマニュアル化せずに1台1台現車確認を怠らず、そのお車でセキュリティ機能が最大限に発揮できるよう
に考えインストールします。
それがThink Produceのセキュリティインストールなのです。

車輛の配線点検・確認

カーセキュリティ本体の仕込み作業

カーセキュリティ本体の仕込み作業車輛の結線位置を基準に配線ワイヤリングルートを決め、配線の左右・前後の振分けをします。
シィンクプロデュースの仕込みは、純正の電装回路と完全に融合出来るよう考案されています。
下記の項目を確実な状態にするために仕込み作業は大変重要な要素です。

  • 独自のインストールでセキュリティをパターン化させない。
    (ディーラーや量販店はパターン化されているため、窃盗団にはパターンがわかる)
  • 独自のインストールでオリジナルトラップを仕掛ける。
  • 配線1本、1本を商品と考え、キッチリと配線。
  • 断線、または電圧変動(誤作動)がないように結線はすべてハンダ処理。
  • オリジナルイモビライザー結線で完全ガード。
  • 純正カムフラージュワイヤリングで後付配線と判断できない配線を行う。
  • 電波障害やノイズも計算し、誤報のないインストール。
  • 配線処理も美しく、奇麗に仕上げ機器や配線の寿命も考えます。
  • センサー感度も、誤報なく最大限に引き出し正確さを求めます。
  • カメレオンワイヤリングで配線色を変え理解不能の配線を行う。
カーセキュリティ本体を車に搭載

カーセキュリティ本体を車に搭載シィンクプロデュースでは同じ車種、年式、グレードであっても、本体やセンサの取り付けの位置を変更させるなどの対策をします。
純正など、カーセキュリティが取り付けしているにも拘わらず被害に遭う理由は、同じ取り付けだからこそ、パターンが決まってしまうために解除されるケースが多く、それでは、セキュリティの意味を成しませんので、シィンクプロデュースならではの特殊インストール技術で、お車を守ります。
*詳細に関しまして防犯上記載出来ませんので御了承ください。
*またシィンクプロデュースでは、1台1台施工方法が違いますので、
ご依頼いただいた方のみ、内部配線処理など丁寧・確実であるか写真を
ご提示することが可能です。ですが防犯上問題のある個所の提出は出来ません
ので御了承下さい。(こちらのサービスはご依頼いただいた方のみのサービス
となっておりますので御了承ください。)

カーセキュリティの結線

シィンクプロデュースならではの、こだわりのインストール(取り付け)は特殊であることから、誤報がなく正確なことにより口コミで、「特殊な電装知識とアフターが良い」と言うことが業者間にも広まり遠方のお客様ですと東は東京から西は四国・中国地方からも足を運んで頂いております。
シィンクプロデュース自身の取り付け、こだわり詳細はこちらをご覧ください。「シィンクの強み(カーセキュリティ)」
*配線絶縁の為の伸縮チューブも、通常98℃対応の物ではなくコダワリの125℃対応を使用し絶縁。

カーセキュリティの結線

カーセキュリティ1度目の動作チェック

カーセキュリティ1度目の動作チェックパネルの復帰作業の前に、1度目のチェックを行います。

  • セキュリティが車輛の動きを確実に読み込みできているか
  • ドア・トランク・ボンネットの感知がタイムラグを、おこさず確実に感知出来るか
  • イグニッションの感知が出来ているか
  • イモビライザーの働き
  • 各部センサの働き
  • リモコン感度のチェック
  • ノイズなどのチェック
  • 各部純正のチェック
  • お車のダイアグチェック
  • カーセキュリティの設定
  • その他重要項目各種 

取り付けが的確な状況で設定プログラムが完璧でないと、誤報や防犯効果の半減がおきますので慎重に点検しプログラムを行います。
カーセキュリティは繊細ですので、1度目の点検(テスト)を行い、異常がないか各部ノイズなどの項目を約30ケ所以上クリアーし次の項目へと移ります。

パネルなどの復帰作業

パネルなどの復帰作業大事なお車に傷を付けないように2人1組で各部点検、
確認を怠らず復帰作業を慎重に行います。

最終点検・ランニングテスト

最終点検・ランニングテストパネルの復帰作業も終了しましたので、最終のテストを行います。
各部パネルや部品が外れているだけで、カーセキュリティのセンサ感度が変化しますので、復帰作業が終了してからでないと本格的なテストが行えません。
1度目の点検で項目をパスし、2度目のランニングテストにて項目別に分け多くの項目を完全な状態に仕上げ、最終ランニングテストを何回かに分けテストをパスした後、接客担当・管理担当が最終チェックを行います。
仕上げに車内内部を掃除し、手洗いで洗車を行います。
お車に洗車傷など付かないようにしっかり水で車体を洗い流し丁寧に仕上げます。
このような幾度とない厳重な項目などの試験があるからこそ、シィンクプロデュースのカーセキュリティが皆さまのお役にたてるのです。

お客様だけの資料の作成

お客様だけの資料の作成メーカー様の取り扱い説明書だけでは、不十分な説明書となってしまいます。
理由としましてお客様に合わせインストール・取り付け・オプションなどの違いがありので、メーカー様の資料だけでは、理解出来ないからです。
そこでシィンクプロデュースでは、お客様が理解出来ますように、1人1人当社オリジナルで別の資料などのご用意をさせていただいております。
皆さまが安心して、カーセキュリティを使用出来ますよう、その後のアフターフォローなども安心出来ますよう、シィンクプロデュースは最善を尽くします。
また顧客情報管理に関しまして、情報の流出が懸念されるため、パソコンは顧客情報のみの専用パソコンを完備しインターネット接続はしていません。
理由としまして、大事なお客様の情報をウイルスや情報流出などから守るためです。
またシィンクプロデュースが使用する顧客情報管理ソフトにも、こだわりがあり通常ショップ様では使用していない高価な顧客管理ソフトを使用し、確実な管理が出来ているからこそ、最善のアフターフォローが可能となるのです。
現在顧客数5.000人を超え、データー管理をより一層厳重な物にするためホームセキュリティも完全完備し以前の守口店舗以上の防犯設備強化の見直しをしました。
シィンクプロデュースでは、このようなこだわり1つ1つを大事にし、お客様に感謝の
気持ちをこめ尽瘁(ジンスイ)させて頂きます。

カーセキュリティ・カーオーディオに関するお問合わせやご相談

スマートフォンで今すぐ電話する

カーオーディオやその他サイトはこちら

ブログを読む

求人募集

JCB・AMEX・VISA・DC・UC・UFJ・ダイナースクラブ・マスター

株式会社セディナ(セントラルファイナンス)ショッピングローンがご利用いただけます。
株式会社オリエントコーポレーションカードローンがご利用いただけます。
株式会社アプラスパーソナルローンがご利用いただけます。

軽自動車のかーせキュリー受付も大歓迎

コンパクトカーのカーセキュリティ受付も大歓迎


ページのトップへ

最先端のカーテクノロジー 有限会社シィンクプロデュース
〒572-0077 大阪府寝屋川市点野2丁目17-2 TEL:072-830-6112 FAX:072-830-6113

copyright(c) 2005 Think Produce All rights Reserved.