電装系トラブルについて|盗難防止、車上荒らし対策!カーセキュリティ専門店

大阪・関西一円のカーセキュリティ・シィンクプロデュースの強みをご説明します。




電装系トラブル

電装系トラブル

カーセキュリティによる電装トラブル

車の電装システムは大変便利になる一方で、その取り付けの不備が原因で思わぬトラブルを招くこともあります。
近年、自動車もコンピュータ制御となり電装系統の複雑化が招く故障が相次いでいます。また、電装装備品もその施工方法によっては事故の原因となり、最悪の場合は「車輛火災」につながるケースも見られます。
近年の車輛に対しても、以前とかわらず回路図を参照するだけのワイヤリングや機器取り付け説明書だけによる電装機器の取り付けなどが安易に行われていますが、恐ろしいことにこれが事故・車輛火災等、重大災害の原因にもなっているのです。ここではセカンドオピニオンにて、実際ご来店されましたお客様の事例なども含め一部ご紹介させていただきます。
*電装部品取り付け依頼は、電装技術豊富なプロショップ様に御相談ください。

  • 電装系トラブル1
  • 電装系トラブル2
  • 電装系トラブル3
  • 電装系トラブル4
  • 電装系トラブル5
  • 電装系トラブル6
  • 電装系トラブル7
  • 電装系トラブル8
  • 電装系トラブル9
  • 電装系トラブル10
  • 電装系トラブル11
コンピュータのメモリー異常
バッテリー交換のためにバックアップ電源を取ってグランド端子を外したところ、カーナビ(車両情報・データ等を記憶)メモリーが消滅。復旧不可能となった。
通常通りバックアップ作業を行ったが、実はバックアップが取れない車種であった事を十分に理解していなかった。
*配線間に整流素子または、コンピューター制御により逆流させない回路になっているなど。
PCU/ECUがパンク
配線ラインチェックのために、カプラー端子に検電ペンを当てただけで車輛のシステム不調、PCU/ECUがパンク。大きな損害となった。
検電ペンに逆流防止機能がないものを使用したため、アースが立ち上がってしまった。
*電子素子は小電力の物が多く、過電流やショートをさせるとすぐにオープンしてしまうなどの事故が多い
ドアユニットコンピュータ故障
ミラー格納修理のためにマニュアル記載の回路図を見たら「ON/OFF」接点スイッチだったので、配線短絡テストを行ったところ、ドアユニットコンピュータが壊れてしまった。
回路上はON/OFF接点のスイッチ記号だったはずが、抵抗素子が組み込まれたスイッチになっていた事を知らずに直接電圧をかけてしまった。
メインコンピュータ内部トランジスタパンク
後付けリレーの取り付けを行う際に、メインハーネスから結線を行ったところ、後にエンジンアイドリング不良が発生。
リレーの逆起電力がコンピュータ内部のトランジスタの容量をオーバーしてしまった。
半導体素子等のオープンや短絡
テスターを使用し、点検を行っているうちに、他の故障が増えてしまった。
テスターの電池電圧が半導体に逆流し、容量をオーバーさせてしまった。
*アナログテスターとデジタルテスターの内部回路の原理が理解出来ていないと思わぬ事故につながる。
走行中に事故でもないのに、エアーバックが作動してしまった
外部部品を取り付けたところ、走行中にエアーバックが作動したため事故にあってしまった。
エアーバック作動の感知する衝撃センサーの配線に誤って結線していしまい、走行中外部機器を作動しようとスイッチを作動したことにより、SRSコンピューターが事故だと判断し作動。
エアコン作動不良
外部部品を取り付けたところ、エアコン作動がおかしくなった。
以前の車輛の単純な回路だと思い込み点検せずに外部部品を取り付けたことによって、電位差を利用した回路や半導体素子で構成した回路・集中配線回路などの複雑な回路であったが、それらに気づかずに結線を行ったため信号ラインに異常が起きた。
車輛火災
カーセキュリティ機器を取り付けて数日後、突然車輛火災となった。
電源ラインヒューズの位置が悪く、グランド短絡でヒューズが飛ばず、ヒューズ手前でショート。
配線が熱を帯びて被覆が隣配線と溶着し、被覆が燃えて火災の原因になった。
車輛から煙が上がった
ここ最近は、安価な中国製外部アクセサリー用品が多く、商品不良による火災の一歩手前まで被害が発生。
LEDラインテープの内部で短絡炎上。
*商品選びも御自身でなさらずに、プロショップにご相談・お任せ頂くことをお勧めします。
車内から焦げた匂いがする
車を停止して音楽を聞いていると、車内から焦げた匂いがしたので、あわててエンジンを停止
オーディオヒューズの接触不良で、熱を持ちヒューズホルダーが溶けていた。
*一気に、ヒューズの電流値を超えると、ヒューズは飛ぶがゆっくりと規定内の範囲で電流値が上がるとヒューズはなかなか切れない状態になる。
ヒューズの種類によっても、切れる内容などの違いがある。
走行中エンジンが停止
走行中に急にエンジンが停止してしまった。
ここ最近の車輛配線は配線の太さが非常に細く簡易的な接続にて、結線をしていた箇所が走行中振動で断線してしまった。
エアサスの故障
エンジンをかけたままジャッキアップを行った際、エアサスコントロールコンピュータの補正が効かなくなった。
エンジンをかけたままでジャッキアップを行うと、コンピュータ異常が出る車種であった。
ダイアグ故障
カプラーを外しただけでダイアグ故障が発生。また、同等処理を行うことによりエアバッグの作動へと被害が拡大した。
カプラーを抜くことにより、車が異常状態(断線)と判断した。
バッテリーあがりが頻繁におきる
外品の用品部品の取り付けをしてもいないのに、バッテリーが頻繁に上がる。
ディーラー様にてETCを取り付けたヒューズホルダーの接触不良により、常時電源回路の放電があり、バッテリー上がりを誘発していた。
*シィンクプロデュースのセカンドオピニオン作業依頼の中でも1番多い内容の症状です。
よくある質問の多くが他社で取り付けした後 バッテリーあがりが多くなったので見てもらうと「何ともないです」 と答えが返ってきたんですけど、心配なので 「シィンクさんの方で、点検・修理していただけますでしょうか?」 と言う依頼も多く、月間色々な症状でお困りの方が、月々平均約5台セカンドオピニオンにて御来店されています。
カーナビゲーションの故障
他社さまにてカーセキュリティとオーディオの取り付けを依頼されたお客様がセカンドオピニオンで 「新品のカーナビゲーションが、2年も経っていないのに故障したので点検してください」 と御来店。
オーディオの配線処理が悪く、カーナビゲーションの裏のファンに接触し、カーナビゲーションの熱を逃がすファンが停止していたため、ディレーティング効果が保てずに、熱暴走により故障を誘発した。
カーナビゲーションのテレビの映りが悪い
他社さまにてカーナビゲーションの取り付けを依頼されたお客様がセカンドオピニオンで 「同じカーナビゲーションの付いている車よりテレビの映りが悪いので点検してください」 と御来店。
こちらはよく見かける症状で、ワイヤリングミス (配線の引きまわしミス) です。
配線に絶縁処理(保護)をせず、引き回ししたので車内内部の鉄板により配線がショートしたことが原因です。
*アンテナ配線などは、ショートしていてもヒューズは飛ばず、映りが悪い現象がおこります。

以上、簡単にご紹介いたしましたが、これらはほんの一例です。

  • シィンクプロデュースはこのような事故・トラブルが起こらないように、電装技術+整備技術の双方を持つ国家資格の習得者が確実な作業・管理を行います。
    また、実績があるからこそ確実なセキュリティインストールと電装スキルを実現するため、何百本にもおよぶ増設配線がある場合にも、1本ずつ厳密な調査を行い、検査データを元に作業を行うなど、トラブル回避の自社マニュアルで確実な取り付けを実現いたします。また社員教育にも力を注ぎ、毎日の講習・月に1度のテスト方針の元、車輛電装技術が進歩し、そして、シィンクプロデュースメンバーが一丸となり・勉学に励み・遅れを取らず・皆さまに安心と信頼をお届けしてまいります。
  • シィンクプロデュースは、レントゲン車輛や特殊車輛など電装技術の知識が無いと取り扱い不可能とされる作業を多く手掛けてまいりました。
    このような電装技術の実績・ノウハウがあるからこそ、知識の集大成としてプロの集団を結成、特殊な手法によりカーセキュリティのインストールを施し、最大の防犯効果と、お車に害を与えない易しい取り付けをお約束いたします。
    *その他電装関連の情報または他社で取り付け後の上記内容の点検などの受付も可能です。
    詳細に関しましては「シィンクの強み」御覧ください。

カーセキュリティ・カーオーディオに関するお問合わせやご相談

スマートフォンで今すぐ電話する

カーオーディオやその他サイトはこちら

ブログを読む

求人募集

JCB・AMEX・VISA・DC・UC・UFJ・ダイナースクラブ・マスター

株式会社セディナ(セントラルファイナンス)ショッピングローンがご利用いただけます。
株式会社オリエントコーポレーションカードローンがご利用いただけます。
株式会社アプラスパーソナルローンがご利用いただけます。

軽自動車のかーせキュリー受付も大歓迎

コンパクトカーのカーセキュリティ受付も大歓迎


ページのトップへ

最先端のカーテクノロジー 有限会社シィンクプロデュース
〒572-0077 大阪府寝屋川市点野2丁目17-2 TEL:072-830-6112 FAX:072-830-6113

copyright(c) 2005 Think Produce All rights Reserved.